権利関係が複雑

権利関係通常の不動産とは異なり、借地権付きの不動産は買い手が付きにくいです。いざ売却するときにトラブルに発展することも少なくありません。特に相続した借地権の売却の場合は注意が必要です。権利関係が複雑となり、売却するにしてもそれ相応の対処をしないといけません。当然ながら、それぞれの相続人には考えがあります。その考えを総合したうえでどんな方法がベストであるのかを考える必要があります。価格面で折り合いがついたとしても、必ずスムーズに売却ができるとは限りません。相続した借地権の売却をするにあたっての諸問題を解決するためには、底地取扱店への相談が必要になるといえます。

そして、最も大きな問題になるのは地主との交渉です。知識や経験が乏しい借地権者が地主と交渉するのは困難です。仮にうまくいったとしても、専門的な知識や経験が乏しいことが理由で損をしてしまうこともないわけではありません。かなりの時間と手間を要してしまう可能性が高いのも懸念すべき材料になるでしょう。

実際に底地取扱店に依頼するかどうかは相談してから判断しても遅くはありません。もちろん、相談をするにあたってお金がかかることはなく、少しの時間を確保すればできないことではないはずです。