借地権の売却

借地権いざ借地権を売却したいとなったときに、不動産会社を頼ることを考えるでしょう。土地や建物の売買に精通している不動産会社を頼るのは間違ってはいないものの、借地権を売却の場合は地主との交渉があるのが厄介な点です。これが借地権を相続したうえでの売却ならなおのこと厄介になります。相続人が複数人いる場合は権利関係が複雑となるからです。慎重に交渉を進めないとトラブルの原因になってしまうものです。借地権の売却を考えるのなら、まずは底地取扱店に相談するのが望ましいといえます。

底地取扱店は借地権の売却に必要な豊富な知識と実績を持ち合わせています。借地権の売却に精通している不動産会社も数あるなかで、地主との交渉にも長けているのがセールスポイントです。地主との交渉が理由で裁判沙汰になってしまうこともあるため、慎重に進めないといけません。地主も納得ができる条件であるかどうかが大事であり、良好な関係を築いたうえで進めるのがベストです。もちろん、借地権の売却をするときには地主との間での名義書換手続き、相続登記、税務申告などの手続きが必要になります。このときに個人で対応するよりも、底地取扱店に依頼した方がスムーズで確実です。

このようにさまざまな理由で借地権の売却するときには底地取扱店への相談をまずした方がよいです。ここではさらに詳しく底地取扱店への相談が必要であるかの理由について解説していきます。借地権の売却を考えている方は参考にしてください。