底地取扱店が仲介

仲介借地権の売却においてのトラブルの理由になるのが地主の要求の違いです。これが感情的な問題になる可能性も秘めています。当事者同士ですべてが解決する場合もないわけではありません。しかし、一度地主との関係がこじれてしまうと、修復不可能になってしまう場合もあります。そのため、底地取扱店が仲介した方がスムーズになり、トラブルを未然に防ぐ理由にもなるでしょう。不動産会社のなかには借地権付きの不動産を取り扱っていないのは、こういったトラブルがあるからです。地主との交渉がナーバスとなっている場合は特に底地取扱店が仲介することの意味は大きいです。

借地権は単独での売買の場合、価格が下がってしまうこともあります。何をするにしても地主の承諾が必要であるのがネックになるのは間違いありません。すべての法律やそれぞれの事情を加味しての交渉をするのは個人では難しいと言わざるを得ません。借地権の売却を多くの方が底地取扱店に任せているのは、問題を未然に防ぐ意味が大きいといえます。

借地権は売却できるものではあるものの、地主の承諾が必要であり、承諾料もかかります。地主との良好な関係を維持しながら交渉を進めるのが最大の課題になるといえるでしょう。

権利関係が複雑

権利関係通常の不動産とは異なり、借地権付きの不動産は買い手が付きにくいです。いざ売却するときにトラブルに発展することも少なくありません。特に相続した借地権の売却の場合は注意が必要です。権利関係が複雑となり、売却するにしてもそれ相応の対処をしないといけません。当然ながら、それぞれの相続人には考えがあります。その考えを総合したうえでどんな方法がベストであるのかを考える必要があります。価格面で折り合いがついたとしても、必ずスムーズに売却ができるとは限りません。相続した借地権の売却をするにあたっての諸問題を解決するためには、底地取扱店への相談が必要になるといえます。

そして、最も大きな問題になるのは地主との交渉です。知識や経験が乏しい借地権者が地主と交渉するのは困難です。仮にうまくいったとしても、専門的な知識や経験が乏しいことが理由で損をしてしまうこともないわけではありません。かなりの時間と手間を要してしまう可能性が高いのも懸念すべき材料になるでしょう。

実際に底地取扱店に依頼するかどうかは相談してから判断しても遅くはありません。もちろん、相談をするにあたってお金がかかることはなく、少しの時間を確保すればできないことではないはずです。

借地権の売却

借地権いざ借地権を売却したいとなったときに、不動産会社を頼ることを考えるでしょう。土地や建物の売買に精通している不動産会社を頼るのは間違ってはいないものの、借地権を売却の場合は地主との交渉があるのが厄介な点です。これが借地権を相続したうえでの売却ならなおのこと厄介になります。相続人が複数人いる場合は権利関係が複雑となるからです。慎重に交渉を進めないとトラブルの原因になってしまうものです。借地権の売却を考えるのなら、まずは底地取扱店に相談するのが望ましいといえます。

底地取扱店は借地権の売却に必要な豊富な知識と実績を持ち合わせています。借地権の売却に精通している不動産会社も数あるなかで、地主との交渉にも長けているのがセールスポイントです。地主との交渉が理由で裁判沙汰になってしまうこともあるため、慎重に進めないといけません。地主も納得ができる条件であるかどうかが大事であり、良好な関係を築いたうえで進めるのがベストです。もちろん、借地権の売却をするときには地主との間での名義書換手続き、相続登記、税務申告などの手続きが必要になります。このときに個人で対応するよりも、底地取扱店に依頼した方がスムーズで確実です。

このようにさまざまな理由で借地権の売却するときには底地取扱店への相談をまずした方がよいです。ここではさらに詳しく底地取扱店への相談が必要であるかの理由について解説していきます。借地権の売却を考えている方は参考にしてください。